オープンソース 技術サービス ERP

情報処理技術で横浜の地域企業を全力支援新する横浜の技術者ネットワーク 支援屋 ver2

支援屋 ver2
オープンソース 技術サービス ERP
|TOP||支援屋について||支援屋にメールする|
支援屋の活動の中核 オープンソース 技術サービス ERP
支援屋の中核をなすテーマです。プロフェッショナルな技術者が集ってオープンソースを媒介してプロフェッショナルな技術サービスを提供します。今はビジネスアプリケーションの中核層となるERP導入を主軸のサービスとし、そこから派生するニーズにより先はwebデザイン、もっとコアな技術のミドルウェア、あるいは意外な方向への進化・拡張させていける無限の可能性に期待を寄せています。
なぜERP?
ERPとは? ウィキペディア 用語解説1 用語解説2 用語解説3 代表的なベンダー1 ベンダー2
キーワードは 経営資源の計画 全体最適化 基幹業務の統合 
経営資源統合化された基幹k業務システム
拡がる世界 拡がる技術
拡がるERPの世界
統合化された基幹業務システムであるERPは今、さらなる拡がりを見せています。POSや携帯端末との連携、CRMSCMとのコラボレーション、あるいはCADの設計データから製品構成への連携、企業の個性が強く出るMESWMSとの共存。そして統合されたERPのデータベースを経営戦略のために多角的視点から分析するツールであるBI。システム面だけではなくERPは全世界で使えるような設計が施されているのでワールドワイドな展開をするツールとしても期待できます。支援屋はこの「拡がる世界 拡がる技術」に対応するべく技術者のコミュニティを拡げていくことを目指します。
進化する世界 進化する技術
ERPに搭載された技術
技術は進化します。アプリケーションシステムの統合体である拡張されたERPはその真価する技術の塊であるともいえます。支援屋コミュニティはプロフェッショナルの探究心を持って進化する技術に対応していきます。
戦略的経営を支援するツール
支援屋の目的の一つは地域の活性化。そのために地域の中小企業の競争力を強化するべく支援していくことが一つの道であると考えます。企業競争力の強化を支援するツールとしてERPシステムとERP導入プロセス。導入プロセスの過程で経営資源を最大限に生かすための全体最適化のアプローチ、ビジネスプロセスの改善のアプローチ。その結果として業務効率改善をご支援できるでしょう。システムが稼働すれば精度の高いきめの細かい企業活動記録がデータベースとして蓄積されます。これを最適な手法を用いて分析 次の経営活動に生かすことができるでしょう。
なぜオープンソース?
オープンソースとは? ウィキペディア 用語1 定義 参考:Adempiereプロジェクト憲章のgoogle翻訳
ビジネスとオープンソースライセンス
ほとんどすべてのソフトウェア機能はオープンソースで提供されている?
OSS Japan
無料のソフトウェア?
弱点はサポートの薄さ?
サービス
ERP導入支援サービス

..

バージョンアップ進捗率  51%   くらい